FC2ブログ

Ashiya Stylish

[Oyassan]によるブログです。オリジナル商品の紹介や秘密の小部屋コレクションの裏話など・・・・・・。

恋愛について!

はい!
おやっさんです。
今日のテーマは、恋愛について。
それでは、まいりましょう・・・・・・・。

どうやら確実に日本社会は、晩婚型になっているらしい。
結婚適齢期は30歳代がごく普通のようである。
そういえばボクの周りにも未婚の30歳代がたくさんいる。
良い意味で独身時代を謳歌しているのであろうか?
それは本人でしかわからないだろう・・・・・。

そもそも恋愛とは感情の部分が大半を占める。
一方的な感情だけでは恋愛とは言えない。
お互いの感情が交わることで恋愛に結びつき
交際へと発展するのであろう。
ボクが若い頃は交際するために、
いくつかの試練を越えなくてはならなかった。
例えば連絡することである。
今のようにそれぞれが携帯電話なんか持っていない。
家庭にあるのは、ジ~コジ~コと回す黒光りした電話機である。
当然電話をかけると、その家の両親のどちらかが
電話を取ることになる。
しかも、おおよそ親父さんがでる。
大好きな彼女の声を聞きたいがために存在する第一の試練。

大好きな彼女の親父さんSaid
「もしもし、○○です。」
ヤングおやっさんSaid
「オオナカと申しますが○○○さんおられますでしょうか?」
大好きな彼女の親父さんSaid
「どちらのオオナカさんでっか?」
ヤングおやっさんSaid
「中学時代の同級生のオオナカです。」
大好きな彼女の親父さんSaid
「○○○なら、今お風呂に入っておる!」

その時、電話の向こうに聞こえる微かな彼女の声・・・。
そこにいてるのに、親父さんが防御をしているのである。

大好きな彼女の親父さんSaid
「おたくうちの○○○と、どういう関係でっか?」
ヤングおやっさんSaid
「いえ、あの、○○○さんとは親しくさせてもらってます。」
大好きな彼女の親父さんSaid
「親しいって、どういう風に親しいのでっか?」

ちょっちゅ親父さんのボイストーンが荒くなってくる。

ヤングおやっさんSaid
「あ、はい、図書館で一緒に勉強などをさせてもらってます。」
大好きな彼女の親父さんSaid
「ほぉ~!一緒に勉強でっか。怪しいもんやな。」
ほとんど尋問である。
ヤングおやっさんSaid
「すみません、また今度かけ直します。」
このようなありさまである。

しかし、これらの試練を乗り越えて彼女とデートすると
お互いの恋愛感情はメラメラ激しく燃え上がる。
何の試練もなく簡単に出来ること自体が、
恋愛感情に水をかけているのだろう。
いつでも連絡が取り合える、いつでも声が聞ける、etc・・・・。
結果、ある意味で一緒にいるのと同じである。
そもそも恋愛とは、将来結婚に結びつく過程である。
その過程の恋愛中には、良い意味での制限も必要であろう。
そしてその制限の中で、お互いが理解し分かり合うことが
結婚に結びつくのではなかろうか・・・。
恋愛とは感情の表れであると同時に愛情表現の手段でもある。
イージーな愛情では、人の感情を動かすことは
出来ないと思うのである。
みなさんの恋愛は大丈夫ですか?
もっと深く愛し合っていますか?
そこんとこよろしこです。

*本日の格言*
世の中には男と女が存在する。

P.S
ちなみにボクが結婚したのは24歳である。
もう今から25年も前。
Long time thanks my wife!

[Percy Sledge - When A Man Loves A Woman]

恋愛中のお二人へ。そして、これから恋愛する人へ贈ります。
スポンサーサイト



  1. 2007/10/20(土) 19:46:18|
  2. ダイヤリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0