FC2ブログ

Ashiya Stylish

[Oyassan]によるブログです。オリジナル商品の紹介や秘密の小部屋コレクションの裏話など・・・・・・。

革靴!

はい!
おやっさんです。
今日のテーマは、革靴です。
それでは、まいりましょう・・・・・・・・・・。

本日の陽気は、さながら春本番ってな感じですな。
これから日に日に日差しが強くなってきます・・・・。
新緑の季節に感謝です。

さて、本日は秘蔵の革靴コレクションの紹介です。
こいつは、なかなかお目にかかれないブツなので要注意です。
では、ごゆるりと。

まずは1991年に他界した
名靴職人・クレバリー氏の遺志を受け継ぎ、
1993年に再オープンしたビスポーク中心シューズブランドです。
彫刻のノミの先のような「チゼルトウ」が有名なディテールで、
気品溢れるスタイリングでも知られています。
ここに紹介するのは、カーフスキンを使用したモデル。
その名も、[Russian Reindeer Oxford]
これを見逃してしまうと、めったに見つかりませんよ!
いかがですか、ここ一番の革靴を・・・。
[G.J CLEVERLEY ZOOM UP]


[G.J CLEVERLEY FRONT FACE]
blog_335.jpg


[G.J CLEVERLEY SIDE FACE]
blog_336.jpg

*SIZE 7*GOOD CONDITION*
*PRICE ¥38000(税抜)

SOLD OUT

お次がG.RODSONのメダリオンブーツ。
創業者ジェラール セネ氏が手掛けた「G.RODSON」というブランド。
G.RODSONは1980年代から1994年まで、
1930年代の木型を用い往年のハリウッド俳優が実際に履いていた
靴を再現するなど一世を風靡した幻の靴ブランド。
活動期間の短さもあり玉数があまりにも少なく、
状態の良いG.RODSONの靴を現在探し出すのは
かなり困難なことと言われています。
いかがですか、門外不出の革靴を・・・。
[G.RODSON ZOOM UP]
blog_337.jpg


[G.RODSON FRONT FACE]
blog_338.jpg


[G.RODSON SIDE FACE]
blog_339.jpg

*SIZE 7*GOOD CONDITION*
*PRICE ¥38000(税抜)

SOLD OUT

最後はWALK OVERのレザーサドルシューズ。
アイビースタイルに影響を受けた人なら、
いわずと知れた王道のアメリカンブランド。
この会社も数年前に倒産してしまい、現存のみの玉数だけです。
一枚目のZOOM UPを見ていただくと、
シューレースが綿素材の平紐なのがわかりますね。
現在の革靴用のシューレースは、そのほとんどが丸紐です。
平紐のよさは、一度履いて見ればわかります。
しかもデッドストックなんで、言うことなしですな!
Levis 505とOxfordのボタンダウンでアイビースタイルです。
いかがですか、春一番の革靴を・・・。
[WALK OVER ZOOM UP]
blog_340.jpg


[WALK OVER FRONT FACE]
blog_341.jpg


[WALK OVER SIDE FACE]
blog_342.jpg

*SIZE 7*80'S DEAD STOCK*
*PRICE ¥28000(税抜)


*本日の格言*
革のよさは履くことでわかる。
スポンサーサイト



  1. 2008/04/15(火) 20:12:58|
  2. コレクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0