FC2ブログ

Ashiya Stylish

[Oyassan]によるブログです。オリジナル商品の紹介や秘密の小部屋コレクションの裏話など・・・・・・。

He's dead?

Beatelsは小学生から聞いてました。
今でもたまに無性に聞きたくなるときがあります。
僕は完全にJohn派なのだが、PaulのAbbey Roadの
メドレーはいいですねぇ~!
このアルバムでは、Paul死亡説が巷をにぎわした。
ちょこっと説明いたしましょう。
アルバムジャケットを、ポップアップしてね・・・・・・・・・。
ABBYROAD.jpg


その1.
ジャケットの写真でポールのみ裸足であり、これは死者を意味する。
その2.
ジャケットの写真で、ポールのみが右脚を前に出しており
(他の3人は左脚)、ポールが遊離して見える。
その3.
ジャケットの写真で、本来左利きのポールが右手にタバコを
持っており、これはポールが替え玉である証拠である。
その4.
ジャケットの写真で、後方に写っているビートルのナンバープレート
「28IF」は「もし(IF)ポールが生きていたら28才だ」
とのメッセージである。
その5.
ジャケットの写真はポールの葬列を意味していて、ジョンは神父、
リンゴは葬儀屋、ポールは死体、ジョージは墓堀り人を表している。
その6.
ジャケットの写真で、ポールが目をつぶって歩いている。
その7.
収録曲「カム・トゥゲザー」で、“one and one and one is three
(直訳:1+1+1=3だ)”と言っている。つまり、ジョン・ジョージ・
リンゴの3人だということ。
その8.
収録曲「サムシング」を逆転再生すると、
"where the Beatles's Paul?(ポールはどこに行った?
ということだろうか)"と聞こえる。 
   
どうですか?おわかりになりました?
知らんより、知っていたほうがいいかも・・・・・。
このようなことをちょっと学習して、
このアルバムを聞いていただきたい・・・・。
[Abbey Road]
*画面中央の再生ボタンをダブルクリックしてね。


P.S
英国のブックメーカーでは、
現在ポールとリンゴのどちらが先に死亡するかを
賭けの対象としているらしい。(考えさせられる・・・・)
More P.S
録音状態が悪いですが、
これはアビーロードでのスタジオセッションの様子だろう。
こんなのが聞ける時代になったんですね。
  1. 2007/06/24(日) 15:53:54|
  2. ミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<I caught 60 fish! | ホーム | Stanley Kubrick>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://march12.blog106.fc2.com/tb.php/21-d4ac2871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)