FC2ブログ

Ashiya Stylish

[Oyassan]によるブログです。オリジナル商品の紹介や秘密の小部屋コレクションの裏話など・・・・・・。

サドルbyキャベツ

はい!
おやっさんです。
今日のテーマは“サドルbyキャベツ”です。
それでは、まいりましょう・・・・・・・。

の前に、
L.A発の日系バンドHiroshima・・・・。
1980年サンセット通りにあるライブハウス“Roxy”にてライブを観る。
ジャンル的にはフュージョンです。
ボーカルの声、エエ感じに艶っぽいです。

[Hiroshima-Roomful of Mirrors]


お待ちかねの短編バカ話。
今回はどんなお話になるのやら・・・・。

一人暮らしをはじめてかれこれ10数年。
仕事帰りに今夜の食材を買い求めるため、
いつものスーパーに向かう。
1台の年季の入ったママチャリの横に愛車のマウンテンバイクを止める。

さて今日は何を作ろうか?
そんなことを考えながら店内をウロウロ・・・・。
すべての食材を買い終えレジへと。

レジに並んでいる僕の前に一人の妙齢のおばちゃん。
大量のキャベツを購入・・・・。
きっとお好み焼屋のおばちゃんなんやろと思う。
レジチェックも終り買物バッグに入れる。

スーパーを後にして愛車のマウンテンの元へ。
ふと横を見ると、キャベツおばちゃんがあたふたしている。
一体どうしたのだろうか?
よく見るとキャベツおばちゃんの自転車のサドルがない。

「ちょっと兄ちゃん!これ見てぇ~な!誰かがわてのサドル盗んでいったわ!」

そんなこと僕にいわれても・・・・。

「ほんまどないしょ?こんなん家まで帰られへんやんか!」

キャベツおばちゃんは、途方にくれる。

「そや!こうしたらエエんや!」

キャベツおばちゃんが、大量に購入したキャベツを1個取り出すと・・・。
おもむろに棒だけのサドルに、エイヤと突き刺すではないか。
突き刺した後、体重をかけてさらに差し込む。

すると・・・・・・・。
キャベツサドルの出来上がり。

そして、オバちゃんが一言。
「キャベツのサドルやさかいキャドルいうねん。
兄ちゃんもサドル盗まれたらこないすんねんで!!」

そして颯爽とキャドルにまたがりギーコギーコと漕ぎ出すではないか。

その後姿に感動した僕は、
再びスーパーに戻りキャベツを1個だけ購入した。

この話、
信じるか信じないはあなた次第です。


*本日の格言*
代用品は身の回りにある



  1. 2010/04/16(金) 21:39:40|
  2. 短編バカ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Smock Shirts | ホーム | 虎の穴>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://march12.blog106.fc2.com/tb.php/260-180df077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)