Ashiya Stylish

[Oyassan]によるブログです。オリジナル商品の紹介や秘密の小部屋コレクションの裏話など・・・・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

未来は?

はい!
おやっさんです・・・・・。
本日のテーマは“未来は?”です。
それでは、まいりましょう!

の前に、
無骨で骨太なロックギタリストChar。
このストレートなサウンドがいいいね!

[Water Business-Char]


今年も残り数日となって、
この国の行く末を考えてみることにした。
しばしのお付き合いを・・・。

「製造業と金融業のバランスシート」
株式会社日本の屋台骨を支えてきた製造業の海外流出が止まらない。
円高によって製造系中小企業はアジア各国の地へと・・・。
そもそも日本が経済発展してきたのは、
大企業を支えてきた小さな工場の類まれなるモノ作り文化である。
このモノ作り文化によって多くの雇用が生まれ、
作られた優秀な商品は諸外国へと輸出されたのでした。

80年代のバブル時期から、
目に見えたモノ(商品)ではなくカタチのない金融商品が世の中を変えてきました。
バブル前にも株取引や先物商品などは存在していましたが、
土地やリゾート会員権など投機を目的とした商品がバブルの象徴となったのです。
そして90年代にバブルが崩壊して、それらの投機商品は紙屑と・・・。

2000年代に入りアメリカでは住宅ブームが起こり、
ゴールドマンサックスやリーマンブラザーズなどが莫大な利益を上げていました。
リーマンは自社が発行している社債や投機信託を企業や取引先へ、
ひとつのカタチのない金融商品としてばらまいていました。
リーマンショク後、大量の社債や投信を抱えていた企業は連鎖損失となったわけです。
このような金融商品に手を出だしていなかった日本の影響は軽微と見られていた。
しかしリーマン・クライシス以後に経済が最も衰えたのは日本であった。
このリーマン・クライシスによりアメリカ合衆国による一極体制は崩壊し、
2011年現在まで続く「世界的・連鎖的な恐慌の予兆」の時代が始まる引き金にもなった。

金融業の根源になるのが目に見えない商品であり、
反して製造業がカタチのあるモノであることは紛れもない事実である。
金融商品では多くの雇用を生まず一部の特権階級のみが富を得る。
反して製造業は多くの雇用を生み、多種多様な人々が生業を得ることができる。
製造こそが人々の生きる糧であり人々の創造する力である。
これからの未来は、ますますグローバルな世界へと変わっていくだろう。
地球規模でモノやコトを考えなくてはならない時代になる。
そのような環境の中で、僕たち日本人ができることはなんだろう?
企業はますますグローバル化して、
雇用はさらにインターナショナル化していく。
労働条件はますます過酷になり、
パートやアルバイトなどの非正社員が大半を占めていくだろう。
はたして、それが正しいのだろうか?

多くの先人たちが築き上げてきたジパング。
モノを作り、モノを育て、モノを大切にする心。
モノ作りによって僕たちは成り立ってきたのです。

カタチがない見えないモノに惑わされてきた僕たちは・・・・。
今一度、小さなモノ作りから始めなくてはならない。
小さくてもいいから・・・。
自分のためのモノ作りから始めよう。
そして自分自身で使ってみよう。
そうすれば・・・・。
今度はここをこうしてみよう!ここは改良してみよう!と思うはず。
どんなモノでもいいから始めてみよう!
小さなベランダでプチトマトを植えるのもOK。
布を買って自分色に草木染するのもOK。
要は作る行為をすればいいのです。
その行為が僕たちの心のバランスシートになるように。
少しでも生きる糧になるように。

*本日の格言*
自・産・自・消
*業務連絡*
年末恒例の年越しイベントのお知らせ。
12月31日PM18:00スタートです。
一品一酒持参でお越しくださいませ。
会費はお一人様¥2000です。
皆様の参加お待ちしております。
  1. 2011/12/27(火) 14:17:39|
  2. おやっさんニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Big Love | ホーム | 2011>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://march12.blog106.fc2.com/tb.php/401-9740314e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)