Ashiya Stylish

[Oyassan]によるブログです。オリジナル商品の紹介や秘密の小部屋コレクションの裏話など・・・・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サッカーA代表

はい!
おやっさんです・・・・・。
本日のテーマはアジア最終予選VSオーストラリアです。
それでは、まいりましょう!

「美しきかなウッチーのボディバランス」
TKY201206120585.jpg


昨日は閉店時間をPM8:00にして自宅で観戦しました。
後半のみですが・・・・。

サッカルーのプレースタイルは強靭なフィジカルを
前面に押し出したパワープレーが攻撃の中心。
一方のA代表はパスを中心とした連携プレーと、
ポジショニングの良さやボールコントロール技術で対向。

対照的なプレースタイルですが、
いかんせんピッチコンディションの悪さがA代表のパスワークを乱す。
オーストラリアの中盤を省いたロングフィードに手こずった感があります。

サッカーはプレーの流れを楽しむものである!
これは僕がサッカー観戦するときのテーマでもあります。
2日前にEuro2012で対戦したスペインVSイタリアの試合は見ごたえがありました。
一流のプレースタイルとは何かを示していたと思います。
もちろん両チームの選手のみならずレフリィングの質が高い。
ジャッジメントの質が高いからプレーが切れないのである。

それが・・・・。
昨日の試合ではアジアのレフリィングの質の悪さを露呈したようなもんです。
不可解なジャッジの上にエンディングのお粗末など。
流れを断ち切るのがアジア審判のスタンダードなのか?
スポーツに流れはという絶対不可欠なスタイルがあって、
そのスタイルを楽しむもの。

ガチンコな戦いが低レベルなジャッジメントで無残な結果をもたらす。
それがアジアのサッカーなのかと思うと悲しくなる。
どんなスポーツでも審判は必要ですが・・・・。
これからのアジアサッカーに必要なのはジャッジメントの向上。
それを痛切に感じた試合でした。

最後に本田のフリーキック前に笛が鳴らされましたが。
FIFAによるとフリーキックの場合でも終了時間となれば終わってもいいらしい。
ただしレフリィングの判断においては基本的に続行となっている。
仮にEUROの決勝やワールドカップなどではありえないと思うのだが。
結果的にフラストレーションが溜まった試合でした。


中東の笛?
アジアレベルだから?
すべてはジャッジメントである。


P.S
A代表は確かに強くなっている。
海外でフィジカルが逞しくなりパスワークもレベルは上がった。
しかし・・・。
最後に決めきれる強靭な精神力が足らない。
今後はヨーロッパなどの強豪国とマッチメイクして、
更なる飛躍を望みます。
  1. 2012/06/13(水) 14:08:21|
  2. おやっさんニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Love bloues | ホーム | Stan Smith>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://march12.blog106.fc2.com/tb.php/419-20032a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)