FC2ブログ

Ashiya Stylish

[Oyassan]によるブログです。オリジナル商品の紹介や秘密の小部屋コレクションの裏話など・・・・・・。

桃源

はい!
おやっさんです。
今日のテーマは、桃源です。
それでは、まいりましょう・・・・・・・・・・。

昨日はお休みだったので、久しぶりに“のんちゃん”へと。
二宮というロケーションもさることながら、
ボクは基本的に、お好み焼はここでしか食べない。
使っているソースも薔薇のドロソースやしね。
なんかこうソース味って、むしょうに食べたなるよなぁ~。
特に“のんちゃん”の、かすと明石蛸の組み合わせは
ヘロヘロになるほど美味ぃぃぃ!
よっしゃ今日は、ビールとお好み焼きでブイブイいわしたんねん。

ワイフと二人で、いつもの道をテクテク。
この角を曲がると暖簾が見えてくる。
じゃじゃじゃじゃ~ん。
ほよよ?
ががががががび~ん!
シャシャシャッターが閉まっているやおまへんか!
そのシャッターに張り紙が・・・・。
そう、お正月の門松ポスターである。
そこに書かれていたのは・・・・・・。
「もうちょっと休ませてもらいます。」
あまりのショックに、膝から崩れ落ちる。トホホノホ。
さぁ~、どないしょ?
お目当てのお好み焼が食べれない事実と直面する。
されど、このショックを立ち直させてくれる美味いもんとは?
ワイフと二人で必死こいて考える。

My wife said
「昔から気になっていた中華料理あるけど。そこ行ってみる?」

Oyassan said
「えええええ?どこやねん?」

My wife said
「たしか三宮の駅の近くにあったはずよ。」

Oyassan said
「そんなん始めて聞くなぁ~。で、なに食わしてくれまんねん。」

My wife said
「え~と、豚足の煮込みとかあったとか思うけど・・・。」

Oyassan said
「豚足の煮込み?ほんまかいな?はよいこ!めっちゃはよいこ!」

そんなわけで、二宮から三宮までスタコラサッサ。
そのお店の名前は、中国料理“桃源”
さっそくメニューを拝見。

まずは、生ビールをオーダー。
続いて、お約束の豚足煮込み。
ほんでもって小袋。
もういっちょうの胃袋。
完全無欠の豚内臓シリーズ。
はたまたの餃子。

こいつらを肴に、ビールをグビグビ。
ワイフは紹興酒を追加。
ボクは五加皮酒という、焼酎を追加。
ナイスな味付けで、満足度85%。
まだ食べれそうなので、追加を考える。

Oyassan said
「このジャージャー麺は、はずしたらあかんやろ。」

My wife said
「いいよ頼んだら。私はナマコの煮付けいただこうかなぁ~。」

Oyassan said
「なぬ?ナマコの煮付け。高いんちゃうの?」

メニューの値段を見る。

¥1500

しかも、値段の上に張り紙がしてあるので
以前はもう少し安かったのだろう。

Oyassan said
「食べよ!食べよ!めっちゃ食べよ!」

中国料理では、干しナマコは高級食材。
めったやたらと食べられるシロモンではないのである。
二人でクラクラしながらいただく。
トロ~リとしたあんがエエ感じなんで、白飯を追加。
フゥ~と大満足のため息。
もっとはよ来とったらよかった・・・・。
こうして、二人のディナーは終了したのである。
お会計に、はいらさせてもらいます。
ちょうど¥6000になります。
金額以上の美味な価値観。
一度行かれてはどうでしょう。

P.S
メニューの中にトカゲ酒なるものを発見。
飲んだ夜は、パワフルになるんやろか?
次回のお楽しみにしとこ。

*本日の格言*
食の価値観を店構えで判断してはならない。
  1. 2008/01/16(水) 20:41:00|
  2. フード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニューアイテム | ホーム | A MAN OF STYLISH!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://march12.blog106.fc2.com/tb.php/89-94f07195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)